2019年09月19日

里山住宅博inつくば視察

こんにちは。




設計の谷口です。




ご無沙汰してしまいました。。。




先日、つくばまで里山住宅博の視察に行ってきたので、そのご報告と感想を。。。




そもそも、里山住宅博ってなんぞや?というところから。




3年ほど前に、里山を活かした住宅の博覧会を開催しよう。

ということで、里山住宅博in神戸が開催されていました。

弊社も、参加工務店のうち、1社でした。




総合住宅展示場では味わえない、自然豊かな景観。

統一された町並み。

地域工務店の底力。

自然素材を活かした、自然素材に寄り添う家づくり。

総合住宅展示場のように、まとめていろんな工務店を見てみたい!

をコンセプトに(実際は違いますが、谷口が感じたこと)関西圏の地域工務店が20社ほどが集まり、開催しておりました。
HPはコチラ




その意思を継承して頂き、新たな地で、里山住宅博を開催しております。




神戸に負けず劣らず、つくばもエエ感じでしたよ!

街並み
里山つくば-1

ヴァンガードハウス 堀部安嗣さん
里山つくば-2

ヴァンガードハウス 伊礼智さん
里山つくば-3




他にも、内部、外部共にたくさん写真を撮り、地べたに這いつくばって様々なアングルで撮り、細かい納まりも撮り、堪能してきました。




やはり、様々な工務店の、特色が出る、おもしろい博覧会だなと改めて感じました。
神戸の際は、里山の斜面を活かした、里山を望む庭づくりや家づくりでしたが、つくばの場合は、コモンスペース(共有部分)を設けて、みんなで管理していきましょう!という庭を作っていました。





プライベート感は出ませんが、借景・庭の延長、、、コミュニケーションの場として、よいスペースになってましたね。




宅地開発する時、街づくりをする際は、是非参考にして頂きたいものです。




土地に対する付加価値が、ぐんと上がる気がします。




メンテナンスに手間がかかるなどの好き嫌いは、お客様によっては出るとは思いますが、私は好きです。




里山神戸にもまだ土地の空きがあるようなので、是非、HKハウスを里山に設計して建てたいなと思う、今日この頃でした。




それでは、また  


Posted by 明石の日置建設 at 12:00Comments(0)その他

2019年09月03日

コンクリートと基礎、、、床下エアコン

こんにちは。



設計の谷口です。



相変わらずバタバタとしてしまい、お待ちいただいているお客様もいらっしゃいます。



雑になることなく、妥協することなく、設計お打合せの準備を粛々と進めてまいりますので、今しばらくお待ちください。






本日、樫野台の家でコンクリートの立上りの打設を行いました。









立上り?打設?









聞きなれないですよね(^^;)



立上りとは、、、



この全体の、、、
樫野台-基礎打設1



ココ↓↓↓
樫野台-基礎打設2



べた基礎から、”立上ってきている部分”。



だから、”立上り”と言うんですね~。



え~、そのままですね。



お客様は、特に知らなくても、不便しないところですね。



職人さんや、スタッフが立上り云々、、、と話していたら、あ~基礎の話してるんやな、程度に思っておいてください。笑









次に打設とは、、、



コンクリートを打つこと、、、



またまた、そのままですね~。



いや、打つって!!!何ぞいや!!!そのままちゃうやん!!!



すみません、コンクリートを流し込むことです。








、、、打ってはないですね。笑









何故打つというのか、、、知りませんアセアセ



けど、気になるので調べてみました。



昔は、コンクリートの隙間の空気をなくすために、竹の棒で突いたり、叩いたりしていたそうですよ。








、、、やっぱり打ってないやん!!!笑








今は、バイブレーター(振動する棒)をコンクリートの中に入れて、コンクリートを振動させて空気の隙間(ジャンカと言います)をなくしている方法が主流となっています。



昔の名残ですね。








名残、、、好きなので、良しとしましょう。










次に、コンクリートが固まると、型枠を外す作業があり、その後、ようやく大工さんの登場です!



土台伏せに移っていきます。(厳密には設備屋さんの配管等まだまだありますが。。。)



その後はまた次回のお楽しみ。。。





土台を伏せる前に見えている基礎で、一つ、床下エアコンの話。



床下エアコンは、ちょうどこの位置付近に設置予定です。
樫野台-基礎打設3



床下エアコンを設置する時の最重要ポイントの一つ、、、



立上りを設けない




これ、大事です。



必ずテストに出ます。



要チェックや!(彦一)




、、、、タラーッ





ちょっと、私の撮影の仕方がよろしくないですが、、、先ほど説明した立上りがほとんどありません。



この写真に見える立上りの上には、キッチンコンロ前の壁が設置されます。



が、エアコンの吹き出し口は、これを避けるように位置決めてるのでOKです。



大丈夫!



モウマンタイ!!



べっちょない!!!






いちいち、しつこいですね。癖です。すみません。






このエアコンの吹き出し口の前に立上りがないことが床下エアコンの効き具合を大きく左右します。



他にも、マーベックス(換気設備)の配置や、床下を這うダクトの位置、設備配管(給水・給湯配管・排水配管)の位置、人通口(点検時に人が通れる通路)の位置、、、床下エアコンを設置する時に基礎で検討せなあかんこと、、、、めっちゃ多いんです。








では、そもそも、何故基礎の立上りをなくせるのか?








話はどこまでも繋がっていっちゃいますね。



そこんとこは少し専門的になるので、また次回、、、あるかないか分かりませんが。。。



気になる方は直接、谷口に聞きに来てください。



次回は土台伏せor上棟の時に施工状況報告か、設計の流れ止まってましたので、続きを書いていこうかなと、思っています。

基礎の立上りから出てる棒は何!?

とか、ほかにも色々と基礎にまつわる話は、次の現場の際にでも。

時期に基礎着工が2件はじまりますので、その施工状況報告も都度アップしますね。



皆さんお待ちかねの、朝練状況もまたアップします。



では、また


インスタグラムはじめました

https://www.instagram.com/hioki_kensetsu


  


Posted by 明石の日置建設 at 15:50Comments(0)施工状況HKハウス樫野台の家床下エアコン

2019年08月28日

基礎配筋と型枠、、、と朝練

こんにちは。



設計の谷口です。



あやうく、またまたご無沙汰してしまうところでした(^^;)



最近涼しくなってきたので、早起きして朝練を始めました。
朝練1
朝練2



5時20分に起きてます。



早いです。



眠いです。



早速、今日は雨でしたので、お休みです。
明日も雨なので、お休みです。
明後日も雨なので、、、



恐らく、もうやることは無いでしょう。笑






さて、現場進捗です。



設計の流れでご紹介させて頂いていた、HKハウス樫野台の家、基礎配筋が着々と進んでいます。



鉄筋を運んできて
樫野台-配筋1



並べます
樫野台-配筋2



あっ、、、という間に







できているわけではありません。



1週間がかりさ!(モアナに出てくる巨大カニ、タマトア風に読んでください)←マイナーすぎる!?



どうでしょうか、きれいですね~。
樫野台-配筋4



このように、まっすぐ鉄筋を通すのは、熟練のなせる技ですね。



鉄筋工の白井さん、いつもありがとうございます!






そして、この後は型枠を組んでいきます。
樫野台-配筋5



おわかりいただけただろうか、、、(本当にあった呪いのビデオ風に、、、)←もうええって。笑



型枠の色が違いますね。



今回、写真でもお分かり頂けるように、地盤面に高低差があります。



基礎の上のほうは、基礎断熱が70cm施工されますので、型枠の影響は受けませんが、下のほうについては、コンクリートの打ち放し仕上げとなります。



打ち放し仕上げに使用する型枠は、おnewの型枠を使用します。



古い型枠を使うと、型枠についている、汚れやコンクリートの付着物が、そのまま現われてきてしまうからです。



型枠同士が重なる箇所に取りつく目地棒や、型枠を留めるセパレーターの位置も細かく指示して、施工してもらってます。




なんせ、化粧ですから!




これでもう仕上がりなんです!!




きれいに仕上げさせて頂きます!!!





仕上がりはまた後日のお楽しみ(^^)





ではでは、、、






インスタグラム始めました。
https://www.instagram.com/hioki_kensetsu

  


Posted by 明石の日置建設 at 15:30Comments(0)施工状況HKハウス樫野台の家

2019年08月06日

現場調査とインターンシップ

こんにちは。



設計の谷口です。



今日は、インターンシップで弊社に学びに来てくれている学生と一緒に、新規のお客様の現場調査へ行ってきました。



先日ヒアリングは終えていますので、なんとなーくイメージを持って現場へ。
現場写真



やっぱり、写真で見るのと現場に立つのは違います。



考えるな、感じろ!



Don’t think Feeeeeel!!!!



と、ブルース・リー先生の明言をからめつつ、学生に偉そうに指導してきました。



普段、偉そうにできないので、ここぞとばかりに、調子乗り~に変身です。



実技的なところも、色々説明しながら。



用途地域とは!高度地区とは!建ぺい率とは!容積率とは!等々
照会用紙



初歩的な話ですが、お客様へ説明するときもあるので、誰に対してもワカルヨウニ、噛み砕いて砕いてクダイテ、、、ムズカシイデスね。



一番大事なのは、敷地を読み取る力をつけること!



こればっかりは、教えられるものではなく、経験ですね。



空地を見つけては、勝手にプランと建築イメージを考える、何気ない散歩をしよう。の会。
近々発足!?参加者求ム!?



常に実践です!



では、また。  


Posted by 明石の日置建設 at 17:00Comments(0)長期優良住宅について設計の流れ

2019年08月02日

お引渡しを終えて思うこと

こんにちは。



設計の谷口です。



先日お引渡しを終えたお客様、M様。
HK星が丘の家




振り返ってみると、2年前の10月に一番初めのお打合せをさせて頂いておりました。



2年がかりの、大仕事!
となりました。



ひとしお、私の思い入れも強くなっております。
HK星が丘の家-2




今まで私がご担当させて頂いたお客様、こだわりが強い方、多かったですね~。






HKハウス狩口台の家
HK狩口台の家



HKハウス中尾の家
HK中尾の家



先日ブログでご紹介させていただいた、HKハウス町坪の家







他にも、ご紹介させていただきたい方はたくさんいらっしゃいますが、HK星が丘のお客様もこだわりの強さトップ5に入る、熱意を持たれたお客様でした。



すべてのお客様に共通ですが、人生に一度の、一番大きなお買いもの。
それが住宅を建てるということ。
更に、自由設計の自分だけのオリジナルなお城を建てる。






そら熱も入りますわ!!






これだけの(どれだけ?)あれだけの(だからどれだけ!?)熱量で新築に向き合って頂いた、とても親しみのあるご夫婦でした。
HK星が丘の家-3




私は全部受けますよ。



たまに受けきれず避けることもありますが、Uターンして返ってくるので、結局全部受けきります。笑






やはり、住宅は設計者一人では良いものはできません。



お客様のご要望をお聞きして、その土地に合ったものを、その土地に建つ唯一無二のものを、共に造り上げていく。



この姿勢こそが、お客様にとっても唯一無二の住まいが完成する遠回りですが、一番の近道ではないでしょうか。






設計者よがりの建物には、設計者の魂は注がれているかもしれませんが、住まい手の魂は注がれていないのと同じだと思います。



有るべき姿を形にしていく、住まい造りというものを益々追求していこう。と思わせてくれる住まいができたのではないでしょうか。
HK星が丘の家-4
↑好きなアングルの一つ



植栽、ウッドデッキはお客様でされますので、完成次第、写真撮影に行かせて頂きますね。






今後、部分的ではありますが、こだわり所を抜粋してお届けできたらと思います。






ではでは。  


2019年07月31日

思い入れ

おはようございます。



設計の谷口です。



早朝から、衝撃のニュースが飛び込んできたので一筆。






ディープインパクト安楽死。






正直な感想、、、早すぎるやろ!










ここ最近は、御無沙汰ですが、15年程前の谷口は、競馬をこよなく愛していました。



宝塚競馬場が近かったこともあり、直接レースを見に行ったりもしました。



当時、誰よりも強く、世間を沸かせ、昨今の競馬ブームの先駆けとなった存在、ディープインパクト。



いろんな面でお世話になりました。









無敗の三冠馬。



三冠目の菊花賞、単勝オッズが1.0倍だったので、記念に馬券を残して、お守り代わりに財布に忍ばせています。
菊花賞単勝馬券
すり減ってしまい、ほとんど見えてませんが。。。
思い入れが強い、私の宝物の一つです。



夢をありがとう。


******************************************************************************************************************************************************
家を建てる時も、色々と思い入れがあると思います。



何年たっても色あせない思いが、形となって未来へ残っていく。



そのお手伝いをさせて頂いている。



素敵なお仕事をさせて頂いており、本当にありがたいですね。



と、無理やり建築に結び付けましたが。笑



ディープインパクトのように、皆様の心に残る仕事がしたいですね。



では、また。  


Posted by 明石の日置建設 at 08:40Comments(0)こだわり

2019年07月30日

着工までの道のり@日置建設の場合②

こんにちは。



設計の谷口です。



弊社へご相談の来社いただいてから、ご提案~設計申込み~工事契約~着工までの流れのご説明の第2回。




前回ブログ
コチラ




設計申込みを頂いてから~




本格的なお打合せが始まります。



お客様が一番楽しいときですね。
(その後~、少し苦しいときも来るのですがそれはのちほど。。。)



こちら建て替えのお客様、W様、お打合せが終わる度に、楽しかった~とおっしゃっていただいておりました\(^^)/


******************************************************************************************************************************************************
W様お打合せ内容
①プランお打合せ
②プランお打合せ
③仕様確認お打合せ
④仕様確認お打合せ
⑤仕様確認お打合せ
⑥お見積り提出
⑦減額お見積り提出(←ココ、しんどいところ、、、)
⑧ご契約
⑨仕様(色決め等)確認お打合せ
⑩仕様(色決め等)確認お打合せ
******************************************************************************************************************************************************



からの~、地鎮祭、着工式となりました。



W様、すごくスムーズに打合せが進んでますね!



お持ちのイメージが出来上がっているので、プランも、仕様もほとんど悩まれることもなく進んでいきました。



①~②、プランお打合せ、プラン決まるまで時間かかってしまうとき、ありますよね。



谷口としては、お客様のご要望をヒアリングして、内容を精査して、その土地に合う、最適解のお住まい、性能・デザイン含めて「これだ!」というものを、毎回ご提案させて頂いております。



ただ、お打合せ進めていく中で、お客様もた~くさん勉強されます。
(たまに、谷口も勉強になってます。笑(←笑い事ではない!))



お客様にとっては、一生に一度の大きなお買いもの。



失敗したくない、、、後悔したくない、、、ほんまにこれでいいのか、、、



色々な不安が出てくると思います。



プランも、色んなパターン見たくなります。



お任せください、とことんお付き合いさせていただきます(^^)
満足いく形が見つかるまで!



ただし、色々見られて、一番初めのプランに返ってくること、まぁあります。



いいんです!



1プランしか見ていないときの当初プランに比べて、一周してきて戻ってきた同じプラン。
思いも違う、感じ方も違う、また別のプラン(理想のプラン)となっているのです。



次回へ続く。。。
(1ブログにかかる内容、結構多くなってしまっていますね。完結の日を迎えることはできるのでしょうか。
まるでワンピースですね。)



まるでワンピースとは→終わりが見えない様を表現する慣用句。←ウソです



W様打合せ図面
谷口の仕事場
こんな形で進んでいきま~す。



全く関係ないですが、、、ラグビーボールと谷口邸和室と娘と犬

もうすぐラグビーワールドカップですね!!
昨晩、風呂上りに娘とパス練習した後の風景



谷口はこう見えて、昔ラグビーをしていました。
今は娘と息子がともにラグビーをしています。



谷口、コーチをしております。



楽しいですよ~。



ではでは。  


2019年07月27日

地鎮祭、からの~着工までの道のり@日置建設の場合①

こんばんは。



設計の谷口です。



昨日は、晴天の下、神戸市西区樫野台にて地鎮祭が執り行われました。

HK樫野台の家-2
HK樫野台の家-3
HK樫野台の家-4



地鎮祭とは、、、

文字通り、地の神を鎮めるという意味があり、これからの工事の安全を祈願するための儀式で、建築工事に先立って行われる神事です。
地祭りともいわれるそうです。



地鎮祭が行われたということは、、、



近日中に新築の着工が待ち構えています!



着工までは、、、長い道のりでした(^^)



****************************************************************************************************************************************************

こちらのお客様は、古家付きの土地をご購入されました。

HK樫野台の家-1




当初、お話を頂いたときは古いお家が建っていました。



築28年ほどですので、ぎりぎりリフォームか、建て替えか判断が難しいラインです。



昨今の技術であれば、性能の向上も図りつつ、住環境を改善し、満足いただけるリフォーム・リノベーションは十分に可能です。



制約を受けるのは、やはり間取り。。。



柱の位置は決まっています。



構造躯体は、触れません。



ここに水廻りちゃうわ~。



変えれません。(何とか変えれないこともありません)



ここに階段ちゃうわ~。



変えれません。(何とか変えれないこともありません。笑)



駐車場が2台分欲しいです。



絶対無理です!!!



一度、新築した場合のプラン頂けませんか?



!!
勿論です。
谷口、頑張ります。



①お客様にヒアリングをし、②現地を確認し③近隣の状況、敷地情報を読み取り④法規制を確認し⑤現場に建つイメージしていきます。



谷口のプレゼン!!!




駐車場2台分確保!
(街路樹の絡みで車両軌跡も確認します。)



ご主人さんの趣味室を確保!!
(北向きですが、2面を外部に面しているため痛風最高もとい、通風採光はOK!)



広いリビングに、開放的な吹抜けを配置!!!
(これで、階段と吹抜けの空気循環システムの構築完了。床下エアコンに最適)



やはり、どうも植栽が下手くそですね。笑

もう少し練習を。



注:弊社の新築プレゼンは、この1枚のA3用紙から始まります。
(たまに、CADソフトに頼ることもありますよ)



お客様とお話させていただき、思いのたけをぶつけること小一時間。



インスピレーションが合い(ご予算も)、無事、設計のお話を頂くことができました(^^)



次回へ続く。  


Posted by 明石の日置建設 at 20:30Comments(0)施工状況HKハウス樫野台の家設計の流れ

2019年07月26日

御無沙汰しております。

御無沙汰しております。



設計の谷口です。



ブログ、約4年ぶりの更新になります。。。



と言いますか、私、初投稿です!



はじめましての方、お久しぶりの方、現在設計進行中の方、設計の谷口です。



4年前の写真なので、今は少し老けました。
髭も生えちゃったりしてます。



今後、設計に関する考え方や、設計・施工中現場状況報告、完成写真やお引渡し後日談等、ブログを書いていこう!
と、決心しました。
ふと。



更新が滞った際は、是非ご一喝ください。



**********************************************************************************************************************************************
早速、、、

お引渡し後、アフターでお伺いしたHK町坪の家です。

「植栽がいい感じに育ってきているので、是非見に来てください!」との連絡を頂いていたので、ウキウキしながらお伺いしてきました。




HK町坪の家201907-1





ごっつええ感じです☆





もう一枚
HK町坪の家201907-2




黒のガルバリウムの外壁と、板張りと、植栽の緑がええ感じにお互いを引き立てていますね~(^^)



弊社では、よく採用されていました「そとん壁」に加えて、最近は、ガルバリウムの外壁の採用も多くなってきております。
男前な外観をお好みの方の採用が増えていますね。



植栽はおなじみ、丹波の山本造園さん。




愛車、ハイラックスサーフと共に
HK町坪の家201907-3




A様とは何かと趣味趣向が合い、お打合せも楽しく進めさせていただいていました。
乗ってる車まで同じですね。



谷口邸とサーフちゃん
HK千代が丘の家201906




今後も、A様邸の変化を追い続けさせていただきたいと思います。

******************************************************************************************************************************************************
本日車で移動中、社長の日置に言われました。
谷口邸はサグラダファミリアやな、と。



!!
とうとう谷口がガウディと肩を並べたのか!?
と思いきや、完成しそうで完成しない様が同じだと。。。



はい、ご存知の方もいらっしゃると思いますが、谷口邸は現在進行形で工事中でございます。
休みのたびにちまちま、自分で工事しております。



谷口邸の状況報告も今後お伝えできればと思います。



初回のため、長々と書いてしまいましたが、今後は簡潔に書いていきます。



では。  


Posted by 明石の日置建設 at 17:50Comments(0)こだわりHKハウス町坪の家

2015年11月18日

住吉Ⅱの家 薪ストーブがつきました

仲井です。住吉Ⅱの家の薪ストーブの設置が終わりました。

デンマークのモルソー社のものです。

ストーブ側面にかわいいリスのマークがあるのが特徴です。

煙突は屋根まで上っていますが、

熱いのはストーブの上部1mくらいで、

それ以上は二重になっている為それほど熱くないとの事。

薪ストーブ

上にはお鍋を置いてお料理もできます。

28日は薪ストーブに火を入れて体感して頂いたり、

担当の方も来られて詳しい説明も致します。

興味のある方は是非遊びに来てください。

詳細・お申し込みは ⇒ こちら 
  

Posted by 明石の日置建設 at 11:06Comments(0)施工状況

2015年11月13日

住吉Ⅱの家 玄関のアクセント

仲井です。


玄関アクセント




住吉Ⅱの家の玄関に何かアクセントをということで、

竹で既製品の飾りを見積りしたのですが、

予想外に高価な為、どうしようかといったまま工事に入りました。

竹は若いと変形する為、竹を取ってくるわけにもいかず、

木でつくる等も考えましたが・・・・。

弊社が海に近いのもあって、流木を拾ってきてみました。

流木自体も少なくどうかな?とも思ったのですが・・・。

ご主人に皮をはがしてやすりで磨いていただいて、

玄関に良い感じでおさまっています。  

Posted by 明石の日置建設 at 15:31Comments(0)施工状況

2015年11月06日

住吉Ⅱの家 そとんを塗りました。

仲井です。

住吉Ⅱの家の外壁を塗りました。

今まで使ったことのないそとん壁の色、122番です。

古民家風がお好きということでサッシ、梁、柱、破風、軒裏の杉をダークブラウンにしています。

外壁にサッシがくっきり浮き出るイメージです。

軒裏の杉の木目がくっきり出て、とても良い仕上がりになったと思っています。

住吉Ⅱ そとんの壁  

Posted by 明石の日置建設 at 14:49Comments(0)施工状況

2015年10月29日

BinO 第1棟目 上棟式

こんにちは。戸田です。

先日24日に西江井ヶ島モデルハウスの上棟式を行いました。




新しく取り組むことになった規格住宅で、スキップフロアが特徴の
BinO(ビーノ)というお家です。

スキップフロアでしかも第1棟目ということで、大工さん達も慣れない中、
多少なりとも手間取るかなと思いましたが、
いつもどおりの流れで、無事棟上げをしていただきました。

さすが です。




BinOも規格住宅ということで、納まり集や施工ポイント集が
しっかりとそろっており、私の心配は杞憂に終わりました。




来週は、早くも第2棟目の上棟があります。
今度はお客様のお家で、同じBinOの中でもモデルハウスとは違う
WAVE(ウェーブ)というシリーズですが、心配は天候くらいになりそうです。
(モデルハウスはEarthPark(アースパーク)です)

ちなみに当モデルハウスは、6ヶ月間展示場として使用した後は
建売も致します。

既に商談中の一番手のお客様がいらっしゃいますが、
もしご興味のある方は、ご連絡ください。

土地 1100万円
建物 1800万円 (オプション追加約70万円 家具約100万円 含む)
です。
よろしくお願いします。
  

Posted by 明石の日置建設 at 09:57Comments(0)施工状況

2015年10月28日

住吉Ⅱの家 子ども部屋のロフトに杉板を貼りました

住吉Ⅱ ロフト




仲井です。

住吉Ⅱの家にはお子様たちが自由に遊べるように子供室にロフトを作っています。

当初はロフト部分はボード貼りでしたが、

いざできてみると やっぱり杉板貼りがいいなぁということで

杉板をのばしました。

天井高は1400と低いですが、広さが5.5帖分あるので、

結構遊べるスペースになっています。


今週末10月31日(土)10:00~12:00に完全予約制で

構造見学会を行いますので、是非見にいらしてください。

お問合せ先 : 日置建設株式会社
         078-936-4320 
         na@k-hioki.com
  


Posted by 明石の日置建設 at 09:43Comments(0)施工状況

2015年10月21日

住吉Ⅱの家に煙突がつきました

煙突



仲井です。

住吉Ⅱの家に煙突がつきました。

「薪ストーブをあきらめたら予算は随分浮きます」

何度も話に出たもののお施主様こだわりの薪ストーブ。

吹き抜けに穴をあけて、煙突の到着を今か今かと待って、

今日、無事に煙突がつきました。

穴の部分はまずは断熱材で、そして最終的に鉄板で覆います。

本体が来るのは1ヶ月後。


楽しみです。  


Posted by 明石の日置建設 at 14:32Comments(0)施工状況

2015年07月31日

明日、錦が丘の家 見学会

仲井です。

またひとつのお家が完成します。







最初は細長く、交通量の多い、西日の当たる敷地に

どんな家が建つのだろうと不安でいっぱいのご夫婦でしたが、

お子様が元気にお生まれになり、決して広くはありませんが

お施主様ご夫婦のような、明るく心地よい空間ができました。


明日の見学会、是非、この明るく心地よい空間を体感しにいらしてください。







ミッキーの好きな奥さまに小さなミッキーがプレゼントされています。

現地で探してみませんか?





  


Posted by 明石の日置建設 at 17:09Comments(0)施工状況

2015年06月13日

職業体験終了

どーも。
山本です。

今年のトライやるウィークも無事に終了しました。

学生達の頑張りを感じた5日間となりました。

トライやるでは模型づくり・現場見学・清掃活動といろいろしてもらいました。

中でも、

今回制作してもらった模型が2人とも非常に完成度が高く、

山本の地位を脅かす存在でした(笑)





学生達お疲れさまでした。







  


Posted by 明石の日置建設 at 09:29Comments(0)山本

2015年06月10日

グリーンリモデルフェア2015~ここを楽しくこころが楽しく~

どーも。
山本です。

先日、インテックス大阪にて開催されたグリーンリモデルフェア2015に行って来ました。

弊社HPで参加者を募集させて頂いていたものです。

バスで朝8時に事務所を出発。

予定より早く会場に到着しました。

会場では、TOTOさんはじめ多くの方がお出迎えして下さいました。





会場内は自由散策♪

戸建2ブース、マンション1ブースの空間展示や体感コーナー

各コーナーでのイベントが始まり、時間があっと言う間に過ぎてしまいました。

会場内が撮影禁止だったので、中の様子を写真を見て頂けないのが残念です。

最後に唯一撮影OKだった写真を載せさせて頂きます。



ど~ぞ!!
日置建設を宜しくお願いしま~す♪



  


Posted by 明石の日置建設 at 09:56Comments(0)山本

2015年06月04日

今年もやります!

どーも。
山本です。

早いもので、もー6月。
1年の内半分が過ぎようとしています。。。


さて!

6月と言えば??


そーです!!!

毎年恒例となっている
『トライやるウィーク』
です。

今年も中学2年生の学生が職業体験として来ています。
男の子2人です♪

現場の見学に行ったり模型づくりを行ったりと毎日一生懸命です。







写真は現場で基礎配筋の説明を受けている所です。


  


Posted by 明石の日置建設 at 12:18Comments(0)山本

2015年05月27日

ひょうご木のすまい 産地見学ツアー

こんにちは。戸田です。

先週の土曜日、ひょうご木のすまい協議会が主催する産地見学会ツアーに
スタッフとして同行して参りました。

ひょうご木のすまい協議会とは、兵庫県産の木材にこだわって住まいを造る工務店が
集まった団体です。 http://www.hyogo-kinosumai.com

そのこだわりの木材がお家になるまでの流れを見ていただくツアーです。

朝、西宮と姫路に分かれて集合。
私は姫路班でしたので、平成の大改修を終えた姫路城を遠目に眺めつつ、
こちらもきれいに改築された駅に降りたちました。






まずは「立木(たちぎ)」=森に立っている状態を見学しながら、
森を管理すること、地元の木を使うことの大切さを学びました。




そして、圧巻の伐採



そのあと、昼食をいただき、




次に製材工場へ。
ここで「木」は「木材」に







最後に、その「木材」を存分に活かしてできたお家を見学。






おじいちゃんと二人で参加してくれたお子さん。



私たちの作る家が、こんな暮らしのシーンを作り出してくれること。
これこそが私たちの喜びです。


  


Posted by 明石の日置建設 at 09:39Comments(0)その他