2010年10月30日

HKハウスの新たな工法の「松江の家」

長期優良住宅先導的モデル「HKハウス松江の家」の断熱と構造!




現場では、屋根瓦葺きと外部の耐力面材・断熱材の施工中です。




屋根では、淡路のいぶし瓦を葺いています。





外壁では、外張り断熱は「フェノバボード」を使用しました。

フェノバボードの特徴は、

・ 卓越した断熱性能
・長期断熱性能維持
・ノンフロン建材
・安心の防火性能
・金属腐食防止

今回採用した理由として、

内部は真壁(柱を化粧と見せる工法)で、耐火性能の確保のため、

「フェノバボード」は、プラスチック系の断熱材は火に弱い弱点を克服し、

燃焼時にも表面が炭化するだけで、燃え広がりにくい性質を持っています。

また、一酸化炭素や二酸化炭素の発生量がとても少なく、過去の火災事故で

深刻な被害を出したとされる有毒なシアンガスは、一切発生しません。





柱には宮崎県の杉で「双子柱」、梁も杉の集成材を採用しました。

「双子柱」とは、

柱を2分割し、低温乾燥により木材内外の割れを極限までなくし、

木材本体の色艶・調湿性を損なうことなく構造用強度性能を持つ、

意匠と強度を克服した新しい集成柱で、JAS認証も取得しています。


特徴は、

・無垢材に見え、化粧柱に最適
・無垢材同様の色艶・調湿性を維持
・杉のいい香りが漂う
・間伐材利用のため森林保護でエコ
・国産材で杉のため価格が安定
・長期優良住宅に対応(120角のため薬剤塗布不要)



柱一本づつこのように性能証明書が付いています。



この度、「HKハウス松江の家」の構造現場見学会を開催します。


日時 : 11月3日(祝日) 13:00~16:00 

場所 : 明石市松江79-12

内容 : 構造現場見学会と家づくりセミナー

但し、事前予約が必要ですので、事前にご連絡ください。


見学会の詳しい内容は、弊社イベント情報をご覧ください。


  


Posted by 明石の日置建設 at 20:25Comments(0)HKハウス松江の家