2009年06月02日

構造躯体(基礎)の耐久性能

只今、基礎工事中で、基礎のベースと立上りコンクリートの打設完了。

構造躯体(基礎)の耐久性能

基礎ベース部分のコンクリートをポンプ車で打設作業中です。


先導的モデル事業に必要な基本性能。

構造躯体(基礎)の耐久性について

・基礎の立上り部分の幅を15cm以上確保する。

・基礎に用いるコンクリートは強度30N以上を確保する。
 (通常強度は、21Nか24Nを使っています。)
  
 強度30Nを使う理由:
中性化速度とコンクリート強度は、ほぼ比例関係にあり、建築学会で大規模補修不要予定期間100年の場合、耐久設計コンクリート強度は、30N/m㎡なるので、中性化を考慮して30Nに設定しているそうです。

・コンクリート強度試験は第三者機関で行う。
 (コンクリートの打設前に配合報告書を提出、打設中に現場でコンクリートを採取、それを1週間と4週間の養生、それぞれのコンクリートを第三者機関にて破壊試験を行い強度を確認する。)

構造躯体(基礎)の耐久性能


基礎ベース部分の打設が終わり、コテでならしました。

構造躯体(基礎)の耐久性能

その後、立上りの型枠をして、通りをみてかため作業をしました。

構造躯体(基礎)の耐久性能

そして、ポンプ車で立上りの基礎コンクリートを打設作業中。




ホームページでも自然素材へのこだわり載せています⇒ 明石で自然無垢素材健康木造住宅の家づくりをしている日置建設

同じカテゴリー(「HKWハウス五色山の家)の記事画像
完成現場見学会で驚きの体感!
完成現場見学会のチラシ
キッチンのお話
構造見学会 迫る!
構造現場見学会 開催日決定!
基礎配筋検査
同じカテゴリー(「HKWハウス五色山の家)の記事
 完成現場見学会で驚きの体感! (2009-09-09 12:00)
 完成現場見学会のチラシ (2009-08-18 16:11)
 キッチンのお話 (2009-07-17 15:58)
 構造見学会 迫る! (2009-07-02 14:43)
 構造現場見学会 開催日決定! (2009-06-29 14:42)
 基礎配筋検査 (2009-05-27 10:00)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。