2009年06月05日

住宅に関する考え方が大きく変わる法律!

住宅を長く大切に住み継いでいくための新たな住宅の法律が平成21年6月4日施工された。

それが、「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」です。


住宅に関する考え方が大きく変わる法律!


「HKWハウス五色山の家」では、基礎工事中で埋め戻し作業中です。

コンクリート型枠をはずいて、外周の土の埋め戻し作業中で、

このあと基礎の天端レベルモルタルをします。


住宅に関する考え方が大きく変わる法律!


基礎も断熱性と気密性の確保のため、TBボード外張り断熱をしています。



この度の新たな法律、「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」で、

今後の住宅産業をかたちづくる大きな流れの原流となるでしょう。


その事業の一環として、国土交通省は中小の工務店などが建設する長期優良住宅に

対して補助を行う「長期優良住宅普及促進事業」の募集を開始した。

対象となるのは、年間の新築住宅供給戸数が50戸程度未満の事業者が建てる

木造住宅で、長期優良住宅認定などの一定の条件を満たすもの。


それになんと! 最大100万円を補助がある。

さらに、住宅ローン減税と税制優遇がある。



詳しくは、長期優良住宅普及促進事業のホームページをご覧ください。




ホームページでも自然素材へのこだわり載せています⇒ 明石で自然無垢素材健康木造住宅の家づくりをしている日置建設

同じカテゴリー(200年住宅について)の記事画像
いろいろな報告
ちきゆう(地域木造優良)住宅
長期優良住宅説明会後
日本人のゆとり
国産材100%の木材使用
住宅履歴情報とは・・・
同じカテゴリー(200年住宅について)の記事
 弊社が長期優良住宅に取り組む理由 (2009-07-11 12:01)
 いろいろな報告 (2009-07-10 08:09)
 ちきゆう(地域木造優良)住宅 (2009-06-25 11:00)
 長期優良住宅に2つのモデル事業 (2009-06-17 17:22)
 長期優良住宅説明会後 (2009-06-16 15:18)
 日本人のゆとり (2009-06-12 13:19)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。