2009年06月16日

長期優良住宅説明会後

設計担当です。昨日、大阪科学技術センタービルでの長期優良住宅の説明会に参加してきました。

現時点では「長期優良住宅」「長期優良住宅普及モデル」「長期優良住宅先導モデル」と3つに分類されていまして 五色山の家は」「長期優良住宅先導モデル」になります。
(ガンダム風に言えば、先導モデル=先行量産型ガンダム 普及モデル=先行量産型ジム 長期優良住宅=ジム こんな感じかと思います。)

建物の基本性能は性能評価に準ずる内容で、建築基準法による一般住宅より強化されています。(先導モデルは他の二つよりもさらに強化されています。)また住宅履歴の取り方が性能評価よりも厳密になっるようです。しっかり建てて大切に住むってことですね。(二つのモデル事業は補助金も出ます。)

設計業務でも、エスキースの段階で構造の基本計画や将来の可変性を見越した仕事が要求されてきます。本来は当たり前のことなので、今まで野放しだった木造住宅にやっと一定の基準ができると歓迎しています。

最後に お台場1/1ガンダムを応援しています。(長期優良住宅とは正反対の仮設建築物ですが リサイクルするのかなぁ)

長期優良住宅説明会後
(潮風公園にそびえ立つガンダムの模型=東京都品川区の「船の科学館」で、梅村直承撮影)



ホームページでも自然素材へのこだわり載せています⇒ 明石で自然無垢素材健康木造住宅の家づくりをしている日置建設

同じカテゴリー(200年住宅について)の記事画像
いろいろな報告
ちきゆう(地域木造優良)住宅
日本人のゆとり
国産材100%の木材使用
住宅に関する考え方が大きく変わる法律!
住宅履歴情報とは・・・
同じカテゴリー(200年住宅について)の記事
 弊社が長期優良住宅に取り組む理由 (2009-07-11 12:01)
 いろいろな報告 (2009-07-10 08:09)
 ちきゆう(地域木造優良)住宅 (2009-06-25 11:00)
 長期優良住宅に2つのモデル事業 (2009-06-17 17:22)
 日本人のゆとり (2009-06-12 13:19)
 国産材100%の木材使用 (2009-06-08 10:16)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。