2009年11月06日

長期優良住宅普及促進事業 追加エントリー

国土交通省は、中小工務店が長期優良住宅を建設した場合に最大100万円/戸の補助を受けることができる「長期優良住宅普及促進事業」について、追加エントリーを開始しました。
 
追加エントリー締め切りは、補助金交付申請締め切りと同じ12月11日です。

さらに、長期優良住宅普及促進事業の実績報告の受付締め切りも延長。

平成22年2月10日の実績報告の受付締め切り日について、平成22年3月10日まで延長できることとします。

また、申請者の責によらない不測の事態等(工事に伴い発生した状況変化、気象の影響など)が発生した場合は、平成22年3月11日以降(原則、平成22年5月末日まで)に延長することも可能です。

詳しい内容については国土交通省住宅局住宅生産課のHP をご覧下さい。


そして、上記HPの内容で注目は、

補助枠が5000戸予定しているのに対して、

これまでの申請受理数 2501戸(10/30現在)です。


ということは、

補助金交付申請の受付締め切り日(平成21年12月11日)については、原則として変更ありません。

と書かれていますが、原則のため12月11日に予定戸数に達しない場合、

すなわち、あと1ヵ月程で残り2499戸の申請受理数に達しない場合は、

さらに補助金交付申請の受け付け日延長の可能性があります。(あくまでも憶測ですが・・・?)



PS:長期優良住宅普及促進事業の概要は、

・補助額は、1棟100万円 (50億円の予算計上)
・補助枠は、5000戸を予定している
・年間受注50戸の以下の工務店が対象
・長期優良住宅の認定を受けた住宅が対象
・住宅履歴情報の整備が条件
・1回以上の現場見学会の開催を義務付け






ホームページでも自然素材へのこだわり載せています⇒ 明石で自然無垢素材健康木造住宅の家づくりをしている日置建設

同じカテゴリー(長期優良住宅について)の記事画像
現場調査とインターンシップ
地域型住宅ブランド化事業で120万円の補助
住宅履歴情報の蓄積・活用が大切
国産材先導モデル2010の工事完了期日延長 !
長期優良住宅対応にむけて!
完成現場見学会
同じカテゴリー(長期優良住宅について)の記事
 現場調査とインターンシップ (2019-08-06 17:00)
 地域型住宅ブランド化事業で120万円の補助 (2012-01-28 07:30)
 普及促進事業の第2回募集の開始 (2011-10-12 07:30)
 木の家整備促進事業の受付期間が変更 (2011-08-18 23:57)
 平成23年度「木のいえ整備促進事業」募集開始 (2011-05-10 16:55)
 「長期優良住宅補助金」に不満・疑問の声 (2011-04-05 22:54)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。