2011年05月10日

平成23年度「木のいえ整備促進事業」募集開始

本日、5月10日より平成23年度「木のいえ整備促進事業

(長期優良住宅普及促進事業)」の募集が開始されました。


「木のいえ整備促進事業」は、地域の中小住宅生産者により供給される木造住宅

(一定の要件を満たす長期優良住宅)への助成を行い、住宅供給の主要な担い手である

中小住宅生産者による長期優良住宅への取組を促進する補助事業です。


詳しくは、平成23年度 木のいえ整備促進事業

のホームページをご覧ください。


補助金枠について

23年度補助を受けることのできる住宅の戸数は、補助事業者あたり5戸を上限。

すなわち、23年度は22年度とは別に補助金申請が可能となりました。


但し、平成22年度木のいえ整備促進事業第2回募集分における事業登録申請により、

補助対象となる住宅の戸数を登録されている事業者は、当該登録戸数との合計で

5戸を上限となるそうです。

(この場合、事業登録された住宅の戸数分について全て補助金交付申請が完了しなければ、

平成23年度事業におけるエントリー兼補助金交付申請はできないそうです。)


そのため、弊社では、22年度の事業第2回募集分、事業登録を追加で5棟分

済ませているため、新たに、この度、追加募集ができません。


ガッカリ!







ホームページでも自然素材へのこだわり載せています⇒ 明石で自然無垢素材健康木造住宅の家づくりをしている日置建設

同じカテゴリー(長期優良住宅について)の記事画像
現場調査とインターンシップ
地域型住宅ブランド化事業で120万円の補助
住宅履歴情報の蓄積・活用が大切
国産材先導モデル2010の工事完了期日延長 !
長期優良住宅対応にむけて!
完成現場見学会
同じカテゴリー(長期優良住宅について)の記事
 現場調査とインターンシップ (2019-08-06 17:00)
 地域型住宅ブランド化事業で120万円の補助 (2012-01-28 07:30)
 普及促進事業の第2回募集の開始 (2011-10-12 07:30)
 木の家整備促進事業の受付期間が変更 (2011-08-18 23:57)
 「長期優良住宅補助金」に不満・疑問の声 (2011-04-05 22:54)
 住宅履歴情報の蓄積・活用が大切 (2011-04-03 09:49)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。