2011年10月12日

普及促進事業の第2回募集の開始

 この度、平成23年度「木のまち・木のいえ整備促進事業」のうち

「木のいえ整備促進事業」について、下記のとおり第2回募集を開始することと

しましたのでお知らせします。

 本事業は、地域の中小住宅生産者による長期優良住宅への取組を促進するため、

一定の要件を満たす長期優良住宅について建設工事費の一部を助成するものです。

 なお、手続きや提出書類の詳細は、平成23年度木のいえ整備促進事業実施支援室

(以下、「支援室」と言います。)のホームページに掲載いたします。

         
          国土交通省住宅局住宅生産課木造住宅振興室より昨日発表 

続きは、こちら


普及促進事業は、地域の中小の住宅会社が建設する木造の長期優良住宅に対し、

産地が証明されている地域材などを使った場合で最大120万円、

それ以外の場合で最大100万円を補助するものです。


対象となる住宅会社の条件などはこれまでと変わらず、まったく同じ。


補助を受けることのできる住宅の戸数は、23年度の第1回募集分と

22年度2回募集分との合計で、1事業者あたり5戸まで。



ということで、

第2回目の募集が出たが、弊社ではもう5戸分の枠を使い切っているため、

期待していた補助金枠がつかえません。  







ホームページでも自然素材へのこだわり載せています⇒ 明石で自然無垢素材健康木造住宅の家づくりをしている日置建設

同じカテゴリー(長期優良住宅について)の記事画像
現場調査とインターンシップ
地域型住宅ブランド化事業で120万円の補助
住宅履歴情報の蓄積・活用が大切
国産材先導モデル2010の工事完了期日延長 !
長期優良住宅対応にむけて!
完成現場見学会
同じカテゴリー(長期優良住宅について)の記事
 現場調査とインターンシップ (2019-08-06 17:00)
 地域型住宅ブランド化事業で120万円の補助 (2012-01-28 07:30)
 木の家整備促進事業の受付期間が変更 (2011-08-18 23:57)
 平成23年度「木のいえ整備促進事業」募集開始 (2011-05-10 16:55)
 「長期優良住宅補助金」に不満・疑問の声 (2011-04-05 22:54)
 住宅履歴情報の蓄積・活用が大切 (2011-04-03 09:49)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。