2009年07月11日

弊社が長期優良住宅に取り組む理由

弊社がなぜ、長期優良住宅づくりに取り組むのか?


それは、

お客様に高性能で良質の自然素材の健康住宅を提供し、

安心して長く維持管理し快適に暮らしていただくためです。


建築基準法の家は「良質な家」の基準ではなく、最低基準クリアを義務付けたものです。

今後、長期優良住宅が「良質な家」の基準となり、国が掲げるものさしの一つとなでしょう。

そして、これまで各社独自の方法で「良質な家」を造り続けたが、

今後、国で決めたものさしのほうが正しいとなり、その上で自然素材や無垢材の使用、

デザイン住宅、健康住宅へと取り組む必要があります。


今、大手ハウスメーカー、パワービルダー、分譲住宅会社、ローコスト系住宅会社

(特にタ○ホーム)と長期優良住宅をアピールし本格的に取り組み、

住まい手の関心や潜在需要が徐々に底上げされています。

そのため、弊社のような地域工務店でも国の掲げる「良質な家」(長期優良住宅)への

取り組みと、独自性(自然素材の健康住宅)への取り組みをしていきたいと考えています。


By 日置






ホームページでも自然素材へのこだわり載せています⇒ 明石で自然無垢素材健康木造住宅の家づくりをしている日置建設

同じカテゴリー(200年住宅について)の記事画像
いろいろな報告
ちきゆう(地域木造優良)住宅
長期優良住宅説明会後
日本人のゆとり
国産材100%の木材使用
住宅に関する考え方が大きく変わる法律!
同じカテゴリー(200年住宅について)の記事
 いろいろな報告 (2009-07-10 08:09)
 ちきゆう(地域木造優良)住宅 (2009-06-25 11:00)
 長期優良住宅に2つのモデル事業 (2009-06-17 17:22)
 長期優良住宅説明会後 (2009-06-16 15:18)
 日本人のゆとり (2009-06-12 13:19)
 国産材100%の木材使用 (2009-06-08 10:16)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。